施設のご利用方法

1.利用手続きについて

(1) 利用許可申請書を受付窓口に提出の上、利用許可を受けてください。利用日の3か月前から申請書を受け付けます。(電話予約可)
ただし、給水施設、クレーン及びボートキャリアについては、利用券の購入により利用することもできます。

(2) 更衣ロッカー及びシャワー(無料)は、占有利用はしないでください。

(3) 附属ヨットを利用する場合は、係留施設(斜路使用料に該当)及び給水施設を併せて申請してください。艇庫において、艇及び装備品一式を貸し出します。

(4) 利用料金に関する「学生及び生徒」の利用区分については、学生証等の証明書類が必要です。

(5) クルーザー型ヨット又は救助・運営艇を保管する場合は、船舶検査証書(写)等の書類を併せて提出してください。

(6) 出港の手続きは、所定の出港届を必ず受付窓口に提出してください。その際に、受付窓口でハーバー旗を受け取り、艇の見える位置に取り付けて帆走してください。

(7) 帰港したときは、速やかに受付窓口にハーバー旗の返却をしてください。(帰港確認)

(8) 艇を継続保管する場合には、必ず利用許可期間満了前に更新手続きを行ってください。

2.クレーン及びボートキャリアの利用について

(1) クレーン及びボートキャリアを利用する場合は、利用券をあらかじめ受付窓口で購入してください(申請書による利用申請も可)。

(2) クレーン及びボートキャリアの操作中は、大変危険ですので職員の指示に従ってください。

3.係留施設(浮桟橋)の利用について

(1) 係留施設(浮桟橋)は、一時係留用として、利用者の皆さんが互いに譲り合ってご利用いただきます。

(2) ディンギー型ヨット関係艇及びクルーザー型ヨット各々円滑に利用できるよう、当ハーバー管理者が指示する区分を守ってご利用ください。

4.競技会等の開催について

競技会その他講習会等を開催しようとする場合は、1か月前までに所定の競技会等開催届出書を提出の上、当ハーバー管理者と利用調整を行ってください。

当サイトに掲載されている著作物(文章、画像、動画、音声など)の著作権は、原則として、公益財団法人 愛知県都市整備協会に帰属します。