セーリング中の事故防止について

1.出港、帆走及び帰港の判断は、職員の指示に従ってください。

2.出港時は、携帯電話の携行に努めましょう。

3.出港基準については、「 豊田自動織機 海陽ヨットハーバー出港判断目安」によります。また、寒冷前線等の接近により荒天候が予想されるとき、各種警報・注意報の発令によっても「出港禁止」となります。また、警報標識(赤色吹流し)に注意し、国旗掲揚用ポールにこの標識が掲げられたときは、速やかに帰港してください。

4.附属ヨットのセンターボード落下防止のため、出港時には必ず安全フックを掛けてください。

5.セーリング中は、必ず救命胴衣を着装してください。また、定員は、必ず守ってください。

6.セーリング中は、海上ルールを守り、他船と接触等しないよう十分注意し、無理な帆走はしないこと。

7.帆走区域(ディンギー型ヨットの場合・クラブハウス内に掲示)及び施設の利用時間の事前確認を十分行い、ゆとりを持ったセーリングを行ってください。

8.帆走不能等により救助を受けた場合は、帰港後、受付窓口に救助報告書を提出してください。

当サイトに掲載されている著作物(文章、画像、動画、音声など)の著作権は、原則として、公益財団法人 愛知県都市整備協会に帰属します。