緊急情報

ネットあいち施設予約システム平成31年4月30日(火・祝)のお申込みについて

ハナモモ

(2019年3月13の様子)

ハナモモの蕾がさらに大きく膨らんでいます。

濃いピンク色の「ヤグチ」は、数輪の開花。

白花の「カンパク」も同様です。

その他の品種はまだ開花していません。

ハナモモの「見ごろ宣言」が出来るのはもう少し先になりそうですね。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

(2019年3月8日の様子)

モリコロパーク春の名物、ハナモモが開花しました!

約500本のハナモモ畑で、ぽつんと1輪の開花、見頃はまだ先ですね。

ハナモモ畑には数種類のハナモモが植えてあり、今回開花したものは「ヤグチ」という種類です。

「カンパク」という白花も早く咲く品種です。

つぼみがかなり膨らんできました。開花が楽しみですね!

 

୨୧‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥୨୧

 

(2019年3月5日の様子)

今年の冬は暖かかったので、ハナモモもいつもより早く開花しそうですよ。

今日のはなもも畑の様子です。

つぼみが随分膨らんできました。

開花の声も、もうすぐ聞くことができそうですね。

*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*

 

(2017年4月「源平枝垂れ」の様子)

モリコロパークには約500本の「ハナモモ」があります。

例年、花盛りの頃にはたくさんの来園者で「花の広場」は賑わいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品種は5種類

「寒白-カンパク」「照手-テルテ」「源平-ゲンペイ」「矢口-ヤグチ」「菊桃-キクモモ」。

観賞用の品種で淡い紅色、白色、濃紅色等の花が咲き

一重、二重咲きや枝垂れもあり、さまざまな「ハナモモ」楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 一番最初に咲く 真っ白な「寒白」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 一本の木に紅色、白色、紅白絞りの3色を咲かせる「源平」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 別名ホウキモモ ホウキを逆さにしたような「照手」

白色、桃色、紅色とさまざまで約350本といちばん多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 鮮やかな紫紅色で菊に似た独特の花形が特徴「菊桃」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ ひな祭りに飾る切り花の代表的品種「矢口」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 全景

2018年4月4日からは「はなももフェスタ」 ←詳しくはこちら  が開催されます。

ぜひ、ハナモモにつつまれてお花見を楽しんで下さい。

 

【場所】花の広場

モリコロパークトップページへ戻る

当サイトに掲載されている著作物(文章、画像、動画、音声など)の著作権は、原則として、公益財団法人 愛知県都市整備協会に帰属します。
モリコロパークのモリゾーとキッコロのイラストの著作権は、原則としてGISPRIに帰属されています。