緊急情報

セアカゴケグモ

ハナモモ

(2019.4.14の様子)

モリコロパーク春の名物、はなもも畑。

ピークを過ぎた感はありますが、まだまだ色鮮やかな風景を楽しんでいただけます。

今、一番きれいなのはキクモモ。

テルテ(赤・白・ピンク)、ゲンペイとゲンペイシダレは色あせてしまいました。

今日は夜にかけて雨予報。花が散ってしまわないと良いのですが。

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・

(2019.4.7の様子)

テルテが見頃を迎え、はなもも畑はいっそう華やかになりました!

白・赤・ピンク色の花の咲き分け、ゲンペイとゲンペイシダレも今が盛りです。

キクモモも開花しています。

早咲きのカンパクとヤグチは散り終わっています。

明日、4/8(月)は休館日のため園内施設はお休みですが、園内の散策はしていただけます。

のんびりゆっくり、はなももを楽しみたい方、月曜日はねらい目です!

 

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・

(2019.4.3の様子)

一番本数の多いテルテの開花が進んでいます。

赤とピンクは五部咲き程度。

白はやや遅く二部咲き程度でしょうか。

 

ゲンペイとゲンペイシダレは見頃を迎えています。

早咲きのカンパク(白)とヤグチ(濃いピンク)は見頃を過ぎてしまったようです。

キクモモは、ほんの数輪ですが開花していました。

はなもも畑にはベンチや東屋が設置されているので、はなももを眺めながらのんびりとしてみては?

 

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・

 

 

(2019.4.1の様子)

早咲きのカンパク(白)とヤグチ(濃いピンク)は数日前の強風で多くの花が散ってしまいました。

テルテは白・ピンク・赤、どれも二部咲きというところでしょうか。

ゲンペイとゲンペイシダレはテルテよりやや咲き進んでおり、五部咲きほど。

キクモモはまだまだつぼみです。

「はなももフェスタ2019」は4/7までの開催です。

この調子でいくと、週末には鮮やかなハナモモ畑が楽しめそうですね。

 

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*:

 

(2019.3.29の様子)

他の種類のハナモモも咲きはじめています。

写真はテルテ。ハナモモ畑の中で一番本数が多い種類です。

赤・白・ピンクとあり、テルテが満開になるとハナモモ畑はぐっと華やかになります。

今日はまだ咲き始めといったところ。来週あたりには見頃になりそうですね。

 

同じ木に白・ピンクの花が咲くゲンペイとゲンペイシダレ。

 こちらもちらほらと咲き始めています。

 

ヤグチとカンパクは引き続き満開です。

来週にはハナモモ・ソメイヨシノ・ユキヤナギ・レンギョウの競演が楽しめそうですね。

花ごよみやブログなどで状況をお知らせしますのでお見逃しなく!

 

(2019.3.25の様子)

「はなももフェスタ2019」開催中のはなもも畑。

はなももの咲き具合はというと?

種類の違うはなもも、一斉に開花、というわけにはいかず、カンパクとヤグチが見頃、という状況です。

ヤグチは満開ですね!

カンパクも満開です。

ハナモモの足元に咲くレンギョウとユキヤナギも見頃です。

暖かい日差しに誘われて、他の種類のハナモモもそろそろ咲き出すのではないでしょうか。

 

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・

 

(2019.3.20の様子)

ハナモモ畑の中でも早咲きの種、カンパクとヤグチの開花が進んできましたよ。

ここ数日の暖かい気温のおかげでしょうか。

濃いピンク色が美しいヤグチ。

3分咲きくらいでしょうか?

大きくふくらんだ蕾も鮮やかですね。

真っ白な花を咲かせるカンパク。

北駐車場から花の広場休憩所に向かう園路、愛・地球博記念館を過ぎてすぐの場所にあります。

 

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・

(2019年3月13の様子)

ハナモモの蕾がさらに大きく膨らんでいます。

濃いピンク色の「ヤグチ」は、数輪の開花。

白花の「カンパク」も同様です。

その他の品種はまだ開花していません。

ハナモモの「見ごろ宣言」が出来るのはもう少し先になりそうですね。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

(2019年3月8日の様子)

モリコロパーク春の名物、ハナモモが開花しました!

約500本のハナモモ畑で、ぽつんと1輪の開花、見頃はまだ先ですね。

ハナモモ畑には数種類のハナモモが植えてあり、今回開花したものは「ヤグチ」という種類です。

「カンパク」という白花も早く咲く品種です。

つぼみがかなり膨らんできました。開花が楽しみですね!

 

୨୧‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥୨୧

 

(2019年3月5日の様子)

今年の冬は暖かかったので、ハナモモもいつもより早く開花しそうですよ。

今日のはなもも畑の様子です。

つぼみが随分膨らんできました。

開花の声も、もうすぐ聞くことができそうですね。

*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*+*:;;:*

 

(2017年4月「源平枝垂れ」の様子)

モリコロパークには約500本の「ハナモモ」があります。

例年、花盛りの頃にはたくさんの来園者で「花の広場」は賑わいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品種は5種類

「寒白-カンパク」「照手-テルテ」「源平-ゲンペイ」「矢口-ヤグチ」「菊桃-キクモモ」。

観賞用の品種で淡い紅色、白色、濃紅色等の花が咲き

一重、二重咲きや枝垂れもあり、さまざまな「ハナモモ」楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 一番最初に咲く 真っ白な「寒白」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 一本の木に紅色、白色、紅白絞りの3色を咲かせる「源平」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 別名ホウキモモ ホウキを逆さにしたような「照手」

白色、桃色、紅色とさまざまで約350本といちばん多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 鮮やかな紫紅色で菊に似た独特の花形が特徴「菊桃」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ ひな祭りに飾る切り花の代表的品種「矢口」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 全景

2018年4月4日からは「はなももフェスタ」 ←詳しくはこちら  が開催されます。

ぜひ、ハナモモにつつまれてお花見を楽しんで下さい。

 

【場所】花の広場

モリコロパークトップページへ戻る

当サイトに掲載されている著作物(文章、画像、動画、音声など)の著作権は、原則として、公益財団法人 愛知県都市整備協会に帰属します。
モリコロパークのモリゾーとキッコロのイラストの著作権は、原則としてGISPRIに帰属されています。