アセビ

(2019年3月8日の様子)

アセビといえば、白花を思い浮かべる方も多いかもしれませんね。

日本庭園茶室「香流亭」の入り口横にあるアセビは薄紅色をしています。

 

漢字で書くと「馬酔木」。
かわいらしい花にそぐわず毒性があり、馬が食べるとふらふらするためと言われています。(諸説あり)

万葉集にもその名が登場するほど、昔から馴染みのある花です。

風情ある茶室の入り口にぴったりですね。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

(2018年3月11日の様子)

「アセビ」の花が咲き始めました。

枝先に円錐花序を付け、筒状の薄紅色の花がたくさん垂れ下がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い花も咲いています。

プール・スケート場横のこいの池です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【場所】親林楽園、こいの池、日本庭園、愛・地球博記念館前

 

モリコロパークトップページへ戻る

当サイトに掲載されている著作物(文章、画像、動画、音声など)の著作権は、原則として、公益財団法人 愛知県都市整備協会に帰属します。
モリコロパークのモリゾーとキッコロのイラストの著作権は、原則としてGISPRIに帰属されています。