今週の雨でさくらの代表ソメイヨシノ・大島桜が大分花を落としてしまいましたが
20種以上のさくらが植わっている大高緑地「さくらの園」はまだまだ見頃のさくらが
一杯あります。
うす緑のはなを咲かせる「うこん桜」 真っ白な花を咲かせる「白妙桜」 濃いピンクの花を
咲かせる「関山桜」 濃い緑色の花を咲かせる「ぎょいこう桜」が見頃です。

DSC_0604DSC_0606
「うこん桜」                              「白妙桜」

DSC_0607DSC_0602
「関山桜」                   「ぎょいこう桜」*葉と花が同じ色です

 

若草山展望台あたりのさくらは大島桜のうす緑とソメイヨシノのピンクがコラボして
とてもきれいです。

DSC_0585DSC_0584

大高緑地自慢の桜の園は多種のさくらが見られます。
DSC_0570DSC_0571

砦側入口から入った西外縁部では陽光桜とソメイヨシノなどのコラボが見られました。
DSC_0580DSC_0579

陽光桜は早咲きの為、現在は花半分といった状態です。

まだ寒い日がありますが、暦の上では「啓蟄(ケイチツ)」をむかえ、大高緑地のサクラも咲き始めています。

sakura

見ごろ:3月第4日曜頃から1週間程度

sakura_1

鑑賞用として日本に広く植栽されている「ソメイヨシノ(染井吉野)」、枝が長くしだれるのが大きな特徴である「シダレザクラ(枝垂桜)」を始め約30種類、約1,000本の桜が咲き誇る「桜の園」の他に、若草山、琵琶ヶ池でも咲いています。

大高緑地トップページへ戻る

当サイトに掲載されている著作物(文章、画像、動画、音声など)の著作権は、原則として、公益財団法人 愛知県都市整備協会に帰属します。