緊急情報

・ジブリパーク整備に伴う「サツキとメイの家」の休業について

・【変更】園内施設再開のお知らせ【5月27日更新】

・「愛知県新型コロナウィルス感染拡大予防対策指針」に基づく公園のご利用のお願い

・セアカゴケグモ

コバノミツバツツジ

(2020.4.19の様子)

『サツキとメイの家 受付所』から『展望塔』へ続く道に咲いていたコバノミツバツツジです。

とても間近で観察することができます。

名前の通り『小さな葉っぱ』が特徴的です。

森の学び舎の散策コースでも間近で見る事ができます!

散策される方は是非探してみてください。

☆彡:・;.*:・。゚゚・:゚*:。゚.*。゚.o。・。゚。o.゚。・*。・゜.。☆彡

(2020.4.10の様子)

至る所でコバノミツバツツジが確認でき始めました。

 

フィールドセンターに咲いてたコバノミツバツツジ。

遠目から見てもはっきり確認することができます。

こちらは日本庭園に咲いていたコバノミツバツツジ。

一面緑の風景に対し、花の色がひときわ映えていました。

☆彡:・;.*:・。゚゚・:゚*:。゚.*。゚.o。・。゚。o.゚。・*。・゜.。☆彡

(2020.4.3の様子)

今年も咲き始めました。

『コバノミツバツツジ』

これはフィールドセンターの光小屋へ続く階段付近に咲いていたものです。

これからきれいなピンクの花が咲くと考えると楽しみですね。

☆彡:・;.*:・。゚゚・:゚*:。゚.*。゚.o。・。゚。o.゚。・*。・゜.。☆彡

 

(2019.4.10の様子)

ツツジの中で、最も早く開花するコバノミツバツツジ。

林床花園のあちこちで花を咲かせています。

「コバノ・・・」は「小葉の」という意味で、他のツツジよりも小さい葉が特徴とのことです。

確かに葉が目立たないため、ピンクの花がいっそう鮮やかに見えますね。

林床花園で森林浴を楽しみつつ、コバノミツバツツジを探してみては?

モリコロパークトップページへ戻る

当サイトに掲載されている著作物(文章、画像、動画、音声など)の著作権は、原則として、公益財団法人 愛知県都市整備協会に帰属します。
モリコロパークのモリゾーとキッコロのイラストの著作権は、原則としてGISPRIに帰属されています。