緊急情報

国の新型コロナウイルス等緊急事態宣言の発出に伴う公園施設の一部利用制限について

ファミリー愛ランド(大観覧車含む)休業のお知らせ(12/14~)

・【お出かけ前にご確認ください】愛・地球博記念公園 通行規制箇所

・ジブリパーク整備に伴う「サツキとメイの家」の休業について

・「愛知県新型コロナウィルス感染拡大予防対策指針」に基づく公園のご利用のお願い

・セアカゴケグモ

オトメツバキ

(2020.12.22の様子)

12月の後半 大観覧車から水のエリアにかけての通り道にオトメツバキが開花していました。

普通のツバキとは違って、黄色のおしべが見えないところが特徴的です。

開花状況は昨年と同じでまだまだ咲き始めです。

蕾も沢山ついていましたのでこれからが楽しみですね。

☆彡:・;.*:・。゚゚・:゚*:。゚.*。゚.o。・。゚。o.゚。・*。・゜.。☆彡

(2019.12.22の様子)

オトメツバキが花を咲かせました。

今日見た様子では一輪だけ。

つぼみがたくさんついているので、これからどんどん花を咲かせてくれるはずです。

咲いている場所は、「こどものひろば 水のエリア」バス停から少し大観覧車方面に戻ったあたりです。

冬本番を迎えるころ、ぜひ訪れてみてくださいね。

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*:.。. .。.:*・

【2018.12.20】

今年もオトメツバキが花を咲かせました。

このツバキのように雄しべが見えない状態のものは、「千重咲き」というそうです。

「せんえざき」と読みます。あまり聞くことのない新鮮なコトバですね。

オトメツバキの木には小さなつぼみがいっぱい。

これからたくさんの花を咲かせてくれそうですよ。

【2017.12.22】

ツバキシリーズ第3弾です。 

「オトメツバキ」の花が咲き始めています。

キレイな、まん丸な花弁。

まるでブローチのようです。

横顔。

大きなつぼみ。500円玉くらいの大きさです(ピントが合ってなくてスミマセン)

 

【場所】「水のエリア」バス停付近

 

モリコロパークトップページへ戻る

当サイトに掲載されている著作物(文章、画像、動画、音声など)の著作権は、原則として、公益財団法人 愛知県都市整備協会に帰属します。
モリコロパークのモリゾーとキッコロのイラストの著作権は、原則としてGISPRIに帰属されています。