シイタケ菌打ち開催されました♪

豊川市 環境課のみなさんによる「春の里山体験講座」の第1弾

「里山でキノコの菌打ちをしよう!」が開催されました。

 

 

 

 

 

 

まずは、研修室で里山についてのお勉強会。

環境省登録環境カウンセラー 梶野保光先生から、

ふるさと公園と里山保全の大切さについて教えていただきました。

 

 

 

 

 

 

そして、愛知県東三河農林水産事務所林務課 福井千里さんから、

シイタケの菌打ち方法について教わったあと、いよいよ実際に菌打ち体験。

 

 

 

 

 

 

とよかわ里山の会のみなさんによって、事前にふるさと公園内で伐採していただいた

コナラのほだ木を使って菌打ちを体験していただきました。

 

 

 

 

 

 

コナラにドリルで穴をあけ、コマ菌を詰めて、金づちでたたいて打ち込みます。

 

 

 

 

 

 

完成したほだ木は、それぞれご自宅にお持ち帰りいただいて、

教えていただいたとおりに大切に保管し、これから1年ほどかけて

シイタケが出てくるのを待ちます♪

自分で菌打ちしたシイタケが出てくるのはちょっと感動ですよ!

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

こちらの企画は、里山保全について学ぶ内容となっており、

3月23日(土)に第2弾の自然観察会が開催されます。

こちらの申込受付期間は終了しましたが、まだご参加いただけるようですので、

興味のある方はぜひ豊川市 環境課へお問合せくださいね!

東三河ふるさと公園トップページへ戻る

当サイトに掲載されている著作物(文章、画像、動画、音声など)の著作権は、原則として、公益財団法人 愛知県都市整備協会に帰属します。