水生園・野鳥観察の森(中央園)

水生園

ph1

野鳥観察の森

ph2

水生園は、湿地及びその周辺の自然生態系の保全、再生及び観察を目的に、平成17年4月にオープンしました。施設内容としては、「保全区域」と「観察区域」の2つのエリアに分かれています。
「保全区域」は、保全・再生を主たる目的とする区域で、希少価値の高い湿生生物が繁殖できる湿地であるため、原則として、非公開区域となっています。ただ し、春の観察会開催時においては、自然観察指導員の案内に従い、立ち入ることができます。
観察会の詳細については、イベント情報をご覧ください。「観察区域」は、湿地の観賞を主たる目的とする区域で、常時、午前9時から午後4時まで開園しています。

「観察区域」の利用時間:午前9時から午後4時まで。年末年始(12/29〜1/3)は利用できません。
「保全区域」について:原則、非公開。ただし、春に観察会を開催します。
(4月に開催予定。詳細はイベント情報まで)

当サイトに掲載されている著作物(文章、画像、動画、音声など)の著作権は、原則として、公益財団法人 愛知県都市整備協会に帰属します。