自然の観察に出かけよう!

banner_shizenkansatsukai都会では味わえない自然を気軽に感じませんか?愛知、名古屋の8つの公園には、自然をそのままの雰囲気で活かした場所も多く、せせらぎや池、川などもあります。自然の中には季節を代表する植物や、昆虫、野鳥、生き物たちがいっぱい!自然を観察するイベントも数多く開催されています

小幡緑地で開催される『自然観察会』の様子をご紹介します!

小幡緑地で開催された自然観察会『緑の濃い夏の森の自然観察会〜〜夏休み親子水辺の生き物教室〜』の様子を取材してきました!親子の方だけでなく、自然に興味のある大人の方もたくさん参加されていました!

2016年8月13日 小幡緑地 自然観察会

小幡緑地の自然観察会について

参加方法

人気のイベントですが、申込は当日でOKです。
参加費はおひとり100円(資料と保険)です。
イベント開催については各公園のイベント情報を参考にしてください。
※イベントによって参加方法も変更しますので、詳しくはイベント情報をご確認ください。

おでかけナビ・あいちの公園で遊ぼうWebサイト
http://aichi-koen.com

ガイドをしてくださったのは…

shizenkansatsu0813_9-53-51

『愛知守山自然の会』という団体の会員のみなさんです。
活動について代表の石原さんにお話を伺いました。

愛知守山自然の会は、現在会員は50名、小幡緑地では第二土曜日に自然観察会を開催しています。会員による生き物の説明を聞きながら散策することができます。

自然観察会には常連さんも多く、毎回違う観察テーマも魅力のひとつですね。公園の四季を感じながら、真冬の雪が降る日でも『雪の中の生き物』を観察したりしますよ。
個別で子ども会さんから依頼があったりすることもあるのですが、大変好評で、やはりひとりでも多くのお子さんたちに、名古屋の自然のことをもっと知って欲しいですね!

自然観察会で何を観察したの?

白沢川で水辺の生き物採取と観察

shizenkansatsu0813_image1-1

園内の白沢川と、竜巻池で水辺の生き物を観察しました。
移動の途中、森の植物も観察しました。
炎天下の日でしたが、木陰はひんやりとしていて、すでに秋の植物たちが準備をはじめていました。名古屋の都会の中にこんな自然があるとは!

shizenkansatsu0813_image2-1

白沢川には、オイカワ、モクズガニ、ヨシノボリ、アメリカザリガニ、テナガエビなどが生息。当日は水かさが少し浅く、生き物が少なめだったようです。

こどもたちは水の冷たさも忘れて、とっても楽しそうでした!自然にたくさん触れ合ってほしいですね!

竜巻池でカメや魚、ザリガニを採取し観察しました

shizenkansatsu0813_image3-1shizenkansatsu0813_image5-1    

竜巻池では、生き物の研究のためのカゴ型の罠(わな)がいくつか仕掛けられています。罠の中には魚の頭などのエサが入っています。
一部の罠を引き上げて、生き物がいるか観察です。

竜巻池には、ザリガニ、ブラックバス、ニホンスッポン、ミシシッピアカミミガメなどが生息しています。罠の中にはなんと大きなニホンスッポンが!!!

shizenkansatsu0813_image4-1

クサガメの『クサ』の意味とは?

shizenkansatsu0813_kusagame

クサガメは珍しいらしく、愛らしい姿でこどもたちにも人気でした。

さて『クサ』の意味はなんでしょう…(動画の中に答えがあります!)

最後に生き物を池に戻しました。

shizenkansatsu0813_11-24-15shizenkansatsu0813_11-26-16
スッポンはとても足が速く、あっという間に池の中に消えていきました。一方、クサガメはなぜか池と反対方向へ歩いてしまうので、何度もやり直しをしました。

池の周辺には亀が卵を産むための穴があちこちにありました。殻も残っていたのでこどもたちは興味津々に触っていました。卵も池周辺に住むほ乳類に食べられてしまうこともあるそうです…

自然観察会参加してみての感想

広い自然に出るとこどもたちは楽しくて思わず駆け回ってしまいますね。当日は暑い真夏でしたが、森の木陰の涼しさや、草のにおい、光のまぶしさ、水の冷たさや音、生き物のにおいなど、ゲームではわからない五感がいきいきしていました。
『愛知守山自然の会』の皆さんの詳しい説明には保護者の皆様も「へぇ〜」と感心されていました。
ゆったりと休日を過ごすにもおすすめの自然観察会です。

 

あいちの公園で開催される自然と触れ合えるイベント

イベントは開催時期が終了している場合がございますのでご了承ください。詳しくは各公園のイベント情報をチェックしてくださいね!

モリコロパーク

最新の自然と触れ合うイベント情報は、おでかけナビ・あいちの公園であそぼう!イベント情報はこちらでチェックしてください!

自然を楽しむ方へ注意していただきたいこと

  • 公園内の生き物や植物などを勝手に採取したり、持ち帰ったりしないでください。
  • 公園以外の場所に生息していた生き物や植物を公園には絶対に持込まないでください。
  • 公園内の立ち入り禁止の場所には入らないでください。
  • ゴミは必ず持ち帰りましょう。
  • 公園はとても広いです。時間を忘れて暗くなってしまうことがあります。お子さんは必ず保護者同伴で散策をしてください。

公園であそぼうTOPへもどる

当サイトに掲載されている著作物(文章、画像、動画、音声など)の著作権は、原則として、公益財団法人 愛知県都市整備協会に帰属します。
モリコロパークのモリゾーとキッコロのイラストの著作権は、原則としてGISPRIに帰属されています。