雨の日でも遊べるスポット

雨の日でも遊べる公園スポット

せっかくのお休みや、お出かけしたいと思ったら雨!せっかくのおでかけの予定も台無しですよね…。雨の日でも遊べる公園で楽しみませんか?屋根付き施設だけでなく、逆に雨だからこそ『雨の公園』の表情の中を散歩してみるなんていうのもオススメです。来園者も少ない雨天時は静かに過ごせるのもオススメのポイントです。スタッフ一同御来園をお待ちしております。(台風等での休園は各公園のページでお知らせしております。)

モリコロパーク(愛・地球博記念公園)

1日で回りきれない広さのモリコロパークは、屋根付き施設もあります。イベントもたくさん開催されていますので、施設のWEBサイトをチェック!予約が必要なものもありますのでお問い合わせくださいね。
https://www.aichi-koen.com/moricoro/

地球市民交流センター

各種講座や発表会などに対応した、体験学習室・多目的室・多目的スタジオなどがあり、個人から団体まで幅広く利用できる施設。公園のランドマークとなる、緑の草原(交流センター本体の屋上)の中にある地球をイメージした半球体の体育館もあります。

夏休みもイベント開催!予約が必要になるイベントもございます。
詳しくは地球市民交流センターWebサイトをご参照ください。

地球市民交流センター地球市民交流センター

モリコロパークアイススケート場

真夏でも広いリンクで快適に滑れる、アイスショーでも利用される大きなアイススケート場です。
ワンポイントレッスンなどもあります。詳しくはコチラ

温水プール(屋内プール)

波のプールや流れるプール、3本のウォータースライダーなどが楽しめる温水プール。水深30cmのちびっこプールはたくさんのカラーボールでお子さんが楽しめる。モリゾーとキッコロも待っていますよ!
温水プールについて詳しくはコチラ

モリコロパーク温水プール

温水プールにはスライダーもあります

モリコロパーク温水プール

モリゾーとキッコロが待ってるよ!

愛・地球博記念館

博覧会の開催を記念して、会期中の迎賓館・レセプションホールであった建物を活かした施設。外国パビリオンなどからの寄贈物など300点以上の展示物がある。館内では万博の感動をシアターで思い起こすことができる。

愛・地球博記念館

愛・地球博記念館 外観入り口

愛・地球博記念館ギャラリー三菱重工wakamaru

万博で披露された三菱重工のロボ『wakamaru』

愛・地球博記念館ギャラリー

愛・地球博記念館ギャラリー

フィールドセンター(もりの学舎)

自然体験やクラフト工作などを通じて、楽しみながら環境について学ぶことができる施設。
もりの学び舎イベント情報など詳しくはコチラ


スタッフがおすすめする『モリコロパークで雨の日散歩を楽しめる場所』

日本庭園

水や緑に恵まれた環境の中で伝統と現代が互いに共鳴しあう庭園として整備され、内に抱える大小の池々に様々な水の様態と緑が織りなす四季折々の情景を映す庭園で、雨の日でも風情ある散歩が楽しめる。
日本庭園について詳しくはコチラ

モリコロパーク日本庭園

お茶室もあります。

モリコロパーク日本庭園茶室モリコロパーク日本庭園

いつもは混雑しやすい…雨の日の穴場スポット!

サツキとメイの家

「愛・地球博」の人気パビリオンの一つで、アニメ映画「となりのトトロ」のサツキとメイの住んでいる草壁一家が楽しく暮らす家で、映画の中の状態を忠実に仕上げている。今でも人気施設だが、雨の日は比較的ゆったりと見学を楽しめる。
詳しくはコチラ

サツキとメイの家

大高緑地

園内にはデイキャンプ場、ベビーゴルフ場、ボート、ゴーカートなどあります。雨の日でも予定変更せずに済むデイキャンプ場が人気です。(要予約)

デイキャンプ場ハウス 炉8基

屋根がついているので雨天でもバーベキューが楽しめる施設となっています。有料施設で予約制となっているため、混み合わずゆったりとした時間を楽しむことができます。(予約をするためには、事前に「ネットあいち」の利用者登録が必要です。)
料金1基1日770円、ただし、火を使う時間10時~16時となっております。
詳しくはこちら

公園であそぼうTOPへもどる

当サイトに掲載されている著作物(文章、画像、動画、音声など)の著作権は、原則として、公益財団法人 愛知県都市整備協会に帰属します。
モリコロパークのモリゾーとキッコロのイラストの著作権は、原則としてGISPRIに帰属されています。